シニアの未来が輝く賃貸住宅。Hauskaa かすみ野

代表者ご挨拶

新しい時代を越えて「明日」を創ろう

2019年(平成31年)を迎え、5月から新たな年号のもと、新しい時代の到来が予感されます。私たち「かすみケアグループ」にとっても、今までの歴史を踏まえた上で、新たな展開がスタートします。6月にはグループ法人の一つである「一般社団法人Hauskaa」による30戸のシニア向け集合住宅が霞ヶ関中央病院跡地に完成します。1階フロアには、デリカテッセンやパン工房など、地域の皆さんにもお役に立つ事業がオープンします。「社会福祉法人 真寿会」では、2020年に完成予定のデイサービスと保育の複合施設の一期工事が開始されます。「医療法人真正会」では、今まで以上に地域包括ケアシステムの一翼を担う意識を強く持ち、入院・在宅サービスを充実させていきたいと考えます。

 このような法人としてのプロジェクトを進めていく一方、私たちが今年掲げるテーマでもある「明日」を創造するために、重要視しているのが「働き方」と「スキルアップ」、そして「地域貢献」です。現状に甘んじることなく、立ち止まることなく、新たな一歩を踏み出していきたいと思います。特に「働き方」は、国の示す「働き方改革」を待つのではなく、私たちが提供しているサービスの向上とスタッフの労働条件の緩和が相反するものと諦めず、両者を実現するための方策を失敗を恐れず実践していきたいと考えます。私たちのグループとしての新たな取り組みにご期待ください。

かすみケアグループ
社会福祉法人 真寿会 理事長
医療法人 真正会 理事長
一般社団法人 Hauskaa 代表
斉藤正身